厄年を終えて-2020年の抱負

  • 2019年12月29日
  • 2020年1月18日
  • ライフ

こんにちは。みるた(@miruta_n)です。

一昨年から続く前厄から大厄、後厄を乗り越えまして、2020年を迎えます。振り返ってみると、2018年の大厄は、まさに人生最大の厄年でした。主に仕事面で。部長の前で泣いたし、ストレスで生え際が綺麗にハゲました。乗り越えたというよりも逃げた形にはなりましたが、今のところこれでよかったのかなと思っています。幸いだったのは周りの人達にとても恵まれていたこと。それもあって10年以上、同じ会社で今でも働いていますが、進みたい道はまだまだ迷走中です。

そして2019年は家庭面で自分を見直した年でした。相手への思いやりって、やっぱり大事なんですよね。私の場合、他人へのホスピタリティが著しく欠落しているので、一緒に生活をしていきたいなら意識的に行動していかないとダメだなと思った次第です。

さてそんな2年間を乗り越えて、2020年はどんな年にしていこうかなと考えたときに浮かんできたキーワードがこちら。

自分が楽しいと思うことを探しまくる

「子どもたちが」ではなく「自分が」がポイントです。第一子が産まれてから子供中心で走ってきた6年間でしたが、あれ?自分が楽しいと思うことってなんだっけ?と一度立ち止まってみてもいいのかなと思っています。そしてこちらが2020年やることリスト。

  1. 筋トレ継続/体力をつける
  2. ドラムの体験レッスンにいく
  3. 肌美容レーザーで綺麗になる
  4. 簿記2級に合格する
  5. ビックバンセオリーを全部みる
  6. 液晶タブレットを復活させる
  7. オンライン英会話を再開する
  8. 真面目に経済の勉強をする
  9. 一眼レフを復活させる
  10. ディアゴスティーニの刺繍を整理する
  11. 自己主張する
  12. 海外旅行に行くためのお金を貯める
  13. 日々、断捨離
  14. たくさん笑う
  15. 多肉植物を愛でる
  16. 車の運転をする
  17. 爬虫類を飼う妄想をする
  18. postcrossingを再開する
  19. ドロセラを育てる

いくつ出来るかなと今から楽しみですが、一番の目標は健康的な身体作り。体重は人生最高記録を更新中なので、ここで頑張らないとこのだるだるな身体から抜け出せなくなっちゃう。着る服がそろそろなくなってしまいそうなので、がんばります。

2020年は可能な限り自分中心で、これからの人生の土台を作る年にしたいと思います。楽しむ!明るく!笑う!

みなさんもよい年をお迎えください。